Partnership System for People

お気に入り

ページトップ>神奈川県>開成町

追加する

神奈川県 開成町のパートナーシップ制度

神奈川県開成町 では開成町パートナーシップ宣誓制度が利用可能です🎉

開成町パートナーシップ宣誓制度


2022年4月1日 制定
概要

性的マイノリティの方々をはじめ、様々な事情により、婚姻制度を利用できず、悩みや生きづらさを抱えているカップルを対象に、町が二人の関係性を認める制度です。 法律上の婚姻とは異なり、宣誓を行った当事者に法的な権利や義務が発生するものではありませんが、制度の創設によって、性的マイノリティなどの方々についての理解が広がることで、多様性を認め、誰もが自分らしく暮らすことのできる地域社会の実現をめざすものです。

利用条件

パートナーシップの宣誓をするには、二人が次の要件をすべて満たしている必要があります。 ・成年に達していること。 ・町内の同一住所に居住していること。または一人が町内に住所を有し、かつもう一人が3か月以内に当該住所へ転入を予定している、もしくは二人が町内の同一住所への転入を予定していること。 ・現に婚姻していないこと及び宣誓しようとする方以外とパートナーシップにないこと。 ・宣誓しようとする方同士が近親者(直系血族または三親等内の傍系血族・直系姻族)でないこと。  ただし、パートナーシップにある方同士が養子縁組をしている場合を除きます。

手続き

(1) 予約    ・宣誓希望日の5日前(土日・祝日、年末年始を除く)までに、電話・FAX・電子メールのいずれかで     福祉介護課に予約の連絡をしてください。 (2) 宣誓    ・予約した日時に必要書類をお持ちの上、お二人そろってお越しください。   (3) 受領証等の交付    ・要件を満たしている場合、「パートナーシップ宣誓書受領証」及び     「パートナーシップ宣誓書受領証カード」を交付します。     

詳細
神奈川県 開成町のパートナーシップ制度の特徴

※ 制度でできることの詳細はこちらのページをご覧ください

パートナーシップ制度について詳しくみる
開成町パートナーシップ宣誓制度」を利用の方へ

パートナーシップ制度を使ったリアルな声を募集しています。
こちらからアンケートにご回答ください。

MENU