みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>三重県

三重県のLGBTQ+が利用可能なパートナーシップ制度についてまとめました。

市町村カバー率は100%、 人口カバー率は100.0%です。

三重県全体でのパートナーシップ制度

三重県全体でのパートナーシップ制度が導入されています🎉

三重県パートナーシップ宣誓制度


2021年9月1日 制定
概要

三重県パートナーシップ宣誓制度とは、お互いを人生のパートナーとし、日常の生活において相互に協力し合うことを宣誓したお二人(一方又は双方が性的少数者)に対して、県が宣誓書受領証等を交付する制度です。

利用条件

三重県パートナーシップ宣誓制度を利用できる方は、以下の要件をすべて満たしている方となります。 (1)互いを人生のパートナーとし、日常の生活において相互に協力し合うことを約束した関係であって、その     一方又は双方が性的少数者である二人であること (2)成年に達していること (3)いずれか一方が県内に住所を有しているか、又は県内への転入を予定していること (4)双方に配偶者がおらず、かつ相手方以外の者とパートナーシップの関係にある者がいないこと (5)双方が近親者(直系血族、三親等以内の傍系血族、直系姻族)でないこと。ただし、養子縁組によって近     親者となった者を除く  なお、パートナーシップ宣誓制度を実施している県内市町で宣誓をされた方も、県で宣誓することができます。

手続き

宣誓は、あらかじめ予約していただき、当日必要書類を提出していただきます。 宣誓の希望日の原則1週間前までに電話、メール等でご連絡ください。宣誓の日時、場所を調整します。 1 事前予約 2 宣誓 3 受領証の交付

詳細

市区町村ごとのパートナーシップ制度

各市町村のパートナーシップ制度の有無と、
その名称を列挙しましたタップで詳細)

いなべ市
(いなべ市パートナーシップ宣誓制度)
伊賀市
(伊賀市パートナーシップ宣誓制度)
津市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
四日市市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
伊勢市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
松阪市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
桑名市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
鈴鹿市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
名張市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
尾鷲市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
亀山市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
鳥羽市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
熊野市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
志摩市
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
木曽岬町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
東員町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
菰野町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
朝日町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
川越町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
多気町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
明和町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
大台町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
玉城町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
度会町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
大紀町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
南伊勢町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
紀北町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
御浜町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
紀宝町
(三重県パートナーシップ宣誓制度)
MENU