みんなのパートナーシップ制度

お気に入り

ページトップ>埼玉県>神川町

追加する

埼玉県 神川町のパートナーシップ制度

埼玉県神川町 では神川町パートナーシップ宣誓制度が利用可能です🎉

神川町パートナーシップ宣誓制度


2022年4月1日 制定
概要

パートナーシップ宣誓制度は、互いを人生のパートナーとし、日常生活において相互に協力し合うことを約束した、双方又はいずれか一方が性的マイノリティである2人の関係を町長が確認し、公に証明するものです。 法律上の効果が生じるものではありませんが、性的マイノリティの方々の不安や生きづらさなどが軽減され、差別や偏見なく、ともにいきいきと暮らすことのできる豊かなまちになることが期待されます。

利用条件

双方又は一方が性的マイノリティであり、次のすべての項目に該当する方です。 〇成年であること。 〇住所については、次のいずれかに該当すること。(同居は要件としません。) ・双方が町内に住所を有している。 ・一方が町内に住所を有し、他方が町内への転入を予定している。 ・双方が町内へ転入を予定している。 〇配偶者がいないこと。(事実婚も含む。) 〇宣誓をしようとする相手以外にパートナーシップの関係にある者がいないこと。 〇双方が民法に規定されている近親者でないこと。 ただし、パートナーシップにある者が養子縁組をしている場合を除く。(直系血族、三親等内に傍系血族、直系姻族の関係にないこと。)

手続き

詳細
埼玉県 神川町のパートナーシップ制度の特徴

※ 制度でできることの詳細はこちらのページをご覧ください

パートナーシップ制度について詳しくみる
神川町パートナーシップ宣誓制度」を利用の方へ

パートナーシップ制度を使ったリアルな声を募集しています。
こちらからアンケートにご回答ください。

MENU