みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>大阪府>富田林市

大阪府 富田林市のパートナーシップ制度

大阪府富田林市 では富田林市パートナーシップ宣誓証明制度が利用可能です🎉

富田林市パートナーシップ宣誓証明制度


2020年7月1日 制定
概要

富田林市では、市民一人ひとりが多様な性のあり方を尊重し、誰もが自分らしく安心して暮らせるまちの実現を目指すことを目的に、令和2年7月1日から富田林市パートナーシップ宣誓制度を導入します。 この制度は、一方または双方が性的マイノリティである2人が、互いの人生のパートナーとして、日常生活において協力し合うことを約束した関係であることを宣誓した事実に対して、市が証明する制度です。 この制度の導入により、当事者の生き方を応援するとともに、差別や偏見の解消され、性的マイノリティに関する理解が広がることを期待します。

利用条件

次のすべての要件に該当していることが必要です。 双方が民法における成年であること 住所について、双方もしくはいずれか一方の方が富田林市民であることまたは転入を予定していること 双方に配偶者がいないこと及び宣誓をしようとする相手以外の者とパートナーシップの関係にないこと 双方が直系血族または三親等内の傍系血族、もしくは直系姻族の関係にないこと

手続き

宣誓日の事前予約 日時・場所の調整や必要書類の確認を行いますので、宣誓希望日の3開庁日前までに人権・市民協働課へご連絡ください。 パートナーシップの宣誓 予約した日時にお二人でお越しいただき、宣誓書等必要書類を提出いただきます。 宣誓書受領証の交付 本人確認及び宣誓内容や要件を確認し、確認できた場合には、宣誓書の写しを添えて、受領証を即日交付します 受領証は賞状タイプを1組1枚、カードタイプを宣誓者それぞれに1枚ずつお渡しします。

詳細

大阪府パートナーシップ宣誓証明制度

パートナーシップ制度について詳しくみる
MENU