みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>栃木県>日光市

栃木県 日光市のパートナーシップ制度

栃木県日光市 では日光市パートナーシップ宣誓制度が利用可能です🎉

日光市パートナーシップ宣誓制度


2021年9月1日 制定
概要

この制度は、性的指向や性自認が異なる性的マイノリティ(LGBTQ)である同性カップルが、本人の意思に基づき、お互いを人生のパートナーであることを日光市長に宣誓し、市はパートナーシップ宣誓証明書を発行します。 この証明書の提示により、一部の公共サービスや民間サービスについて、婚姻関係と同様な扱いを受けることができます。 この制度は、日光市の行政手続きである要綱に定めるもので、法律に基づく婚姻と異なり、法律上の効果(家族としての法的な義務、相続の権利、親族関係の形成、税金の控除等)が生じるものではありません。お互いが人生のパートナーとして、日光市で安心して生活できるよう、お二人の関係を公に認証し応援していく制度です。 宣誓の要件、方法などは、ガイドブックをご覧ください。

利用条件

① 2人とも成年に達していること ② 日光市民であること.または日光市に転入を予定していること ③ 配偶書がいないこと ④ 宣誓者以外の方とパートナーンップの関係がないこと ⑤ 宣誓者同士の関係が近親者でないこと

手続き

① 宣誓日の事前予約 ② パートナーシップの宣誓 ③ 宣誓証明書の交付

詳細
パートナーシップ制度について詳しくみる
MENU