みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>神奈川県>小田原市

神奈川県 小田原市のパートナーシップ制度

神奈川県小田原市 ではパートナーシップ登録制度が利用可能です🎉

パートナーシップ登録制度


2019年4月1日 制定
概要

小田原市では「誰もが人として大切にされ、共に生き、支え合うまちづくり」 を基本理念に人権施策推進指針を策定し、さまざまな施策を推進しております。 「パートナーシップ登録制度」とは、性的マイノリティのカップルが、両者の自由意思によりお互いを人生のパートナーとして市に登録する制度です。 令和3年(2021年)4月1日から、本制度の登録証明書・事実証明書を提出することで、市営住宅の入居資格の一つである同居親族として、対応されることになりました。

利用条件

・一方又は双方が性的マイノリティのカップル。 ・20歳以上である方。 ・双方が市内在住か、一方が市内在住で他方が市内への転居を予定している方。 ・申請者以外にパートナーや配偶者がいないこと。 ・当事者同士が近親者(直系血族、三親等内の傍系血族または直系姻族等)でないこと。

手続き

・申請は事前予約制です。まずは電話やメール(下記お問い合わせフォーム)でご相談ください。 ・お二人一緒に来庁して申請書を提出していただきます。 ・登録の際には、添付資料が必要です。   住民票など現住所を確認できるもの   戸籍謄本など独身であることがわかるもの ・本人確認のための身分証明書をお見せいただきます。   運転免許証、旅券、個人番号カード、在留カード   官公署が発行した証明書で顔写真のついているもの 等 ・印鑑をご持参ください。

詳細
パートナーシップ制度について詳しくみる
MENU