みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>神奈川県>平塚市

神奈川県 平塚市のパートナーシップ制度

神奈川県平塚市 では平塚市パートナーシップ宣誓制度が利用可能です🎉

平塚市パートナーシップ宣誓制度


2022年4月1日 制定
概要

セクシュアルマイノリティや事実婚のカップルなど同性・異性を問わずパートナーシップのある2人が、互いに人生のパートナーであることを宣誓し、市長が宣誓した事実に対してパートナーシップ宣誓書受領証及びパートナーシップ宣誓書受領証カードを交付します。 この制度は、法律上の婚姻とは異なり、法的な権利や義務が発生するものではありません。

利用条件

互いを人生のパートナーとし、相互の協力によって継続的な共同生活を行っている、または継続的な共同生活を行うことを約束した2人であって、次の要件を全て満たす方 民法に規定する成年に達していること 市内在住であること、または3か月以内に転入予定であること 現在配偶者(事実婚にある者も含む。)がいないこと、および宣誓をしようとする相手以外の者とパートナーシップがないこと 宣誓をしようとする者同士が民法に規定する婚姻をすることができない続柄(近親者など)でないこと

手続き

宣誓を希望される日の3か月前から7日前(土日祝日、年末年始を除く。)までに電話、メールまたは電子申請システムにより予約をお取りください。 予約した宣誓日に来庁し、対象者の要件の該当の有無を確認するための書類提出および本人確認をした上で、パートナーシップの宣誓書を署名していただきます。 書類の不備等がなければ、事務作業等で1~2時間ほどお時間をいただき、宣誓書受領証等を即日で交付いたします。

詳細
神奈川県 平塚市のパートナーシップ制度の特徴

※ 制度でできることの詳細はこちらのページをご覧ください

パートナーシップ制度について詳しくみる
MENU