みんなのパートナーシップ制度

ページトップ>長野県>駒ヶ根市

長野県 駒ヶ根市のパートナーシップ制度

長野県駒ヶ根市 では駒ヶ根市パートナーシップ宣誓制度が利用可能です🎉

駒ヶ根市パートナーシップ宣誓制度


2022年4月1日 制定
概要

駒ヶ根市は、年齢や性別、国籍、障がいの有無などを問わず、互いに尊重し合い、ともに支え合えることが重要と考え、多様性が尊重される社会の実現を目指しています。 この理念のもと、二人が互いを人生のパートナーとして認め合い、相互に責任を持って協力し合うことにより、共同生活を約束した関係であることを市に対して宣誓し、市が宣誓書を受理したことを公的に証明する「駒ヶ根市パートナーシップ宣誓制度」を創設しました。 この制度は、法的な効力(婚姻や相続、税金の控除等)を生じさせるものではありませんが、お二人の思いを尊重し、駒ヶ根市として応援するものです。 パートナーシップ宣誓制度の導入により、性の多様性の理解を広め、生きづらさや偏見、差別等を解消し、誰もが自分らしく生きることができる社会の実現を目指します。

利用条件

パートナーシップ宣誓をするには、お二人とも以下の要件をすべて満たしている必要があります。 成年に達していること 少なくともどちらか1人が駒ヶ根市民であること(市内への転入予定含む) 配偶者がいないこと 宣誓者以外の人とパートナーシップの関係にないこと 宣誓者同士の関係が近親者でないこと

手続き

(1) 事前予約 宣誓を希望される日の原則7日前(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)までに総務課まで電話 またはメールで予約してください。宣誓日時、必要書類等の調整・確認を行います。 事前予約の詳細 宣誓できる時間 平日:午前9時~午後4時 宣誓日時の状況によりご希望に添えない場合があります 予約時に伺う内容 お二人の氏名(通称名) 電話番号またはメールアドレス 宣誓希望日時 (2) 宣 誓 宣誓は、プライバシーに配慮し、個室で行います。 予約した日時に、お二人そろってお越しください。 市職員の前で「パートナーシップ宣誓書」に自署し、提出してください。 本人確認書類による本人確認を行います。 必要書類を提出してください。 宣誓は無料です。 (3) パートナーシップ宣誓書受領証等の交付 パートナーシップ宣誓書受領証(1通)と受領カード(2通)を交付します。 書類に不備や不足等がなければ、即日交付します。 転入予定の方は、転入後の住民票の写しを提出した後、交付します。

詳細
長野県 駒ヶ根市のパートナーシップ制度の特徴

※ 制度でできることの詳細はこちらのページをご覧ください

パートナーシップ制度について詳しくみる
MENU